MENU

40・50代はどんな時期?

中高年という時期ってどんなもの?

 

人生において40代、50代とはどんな時期なのでしょうか。
これらの年代はいわゆる中高年と呼ばれる時期になります。

 

男性なら仕事ざかり、女性も仕事や子育ての成果が充実するころなのではないでしょうか。
ただ、肉体的にはカラダにガタがきはじめる時期でもあります。20代、30代のころのようなエネルギーはなくなり、からだに異変を感じるようになってきます。

 

加えて社会的責任が増すことからストレスもこれまでよりも相当かかってきて負担となっているでしょう。
また、子どもがいれば教育費の支出が大きくなりますし、住宅ローンや老後資金などお金の面での負担も大きくなります。

 

収入を維持するには健康面はとても気になる時期で、こころとカラダの健康がとても大切な時期になっているはずです。

 

中高年特有の病気

 

中高年になってくると今までかかったことのない色々な病気になりやすくなっています。
例えば生活習慣病。長年の生活習慣が原因でかかる病気のことで、食習慣、運動習慣、飲酒、喫煙、休養等の要因があげられます。

 

生活習慣が主な原因でかかる病気はがん、脳血管疾患、心臓病などがあります。この他にも糖尿病、高血圧、高尿酸血症があります

 

40代・50代男性の体の状態

 

 

男性の40代・50代といえばサラリーマンなら役職につく人も多くなりますし、自営業の人も仕事が充実している時期なのではないでしょうか。

 

責任は大きくなり、子どもがいれば、子育てにかかる費用も大変になる時期です。
精神的なストレスに加えて肉体的にも生活習慣病やこれまで経験したことのない病気になるケースも増えてきます。

 

またこの時期くらいから男性は男性特有の病気にかかる人が増えてきます。
前立腺関係の病気などがその代表的な例です。

 

この時期に初めて自分の老いを感じる人も多いと思われます。

 

男性の前立腺トラブル

 

40代・50代女性の体の状態

 

女性の40代・50代は子どもがいる人ならば子育ての仕上げの時期になる人もいますし、仕事をしていれば責任のある立場になる人もいます。
いずれにしても、これまで経験のしたことのない病気になりやすくなる時期です。